おすわけ

こんばんは^^

今朝、出社したら駐車場に生えているスギナが

凄く綺麗だったので写真をパチリ♪

生き生きとした生命を感じ感動したのは私だけでしょうか。






c0126281_1735480.jpg
c0126281_174245.jpg
c0126281_1741288.jpg
c0126281_1742289.jpg







今日もいい日、カニタマ。
[PR]
# by vetkohi | 2016-05-02 17:06

落とし物

皆さん、こんにちは^^

日増しに暖かくなり過ごしやすい季節となりましたが、季節の変わり目で体調を崩さないよう
皆さまご自愛くださいね!







さてさて、先日面白い「モノ」の落とし物がありました(笑)





社長が車の中片づけをしていまして、歩くたびにグミを落としていきました。

証拠の写真がこれです(笑)



c0126281_1425775.jpg





そうです。

社長は「グミ」が大好きなんです。



面白かった(笑)



ですが、投稿者の名前はあえて控えさせていただきます。




では!  いい日 カニタマ!
[PR]
# by vetkohi | 2016-03-15 14:47

お久しぶりです

季節は変わり、時は2016年1月…

皆様いかがお過ごしでしょうか。
約2年ぶりの登場となります上村です。
車で畑に突っ込んだり雪山にダイブしたり胸が高鳴りっぱなしな毎日を過ごしていますが生きています。ヤッター

ところで、牛舎のスタッフをしていたと思ったらいつの間にか胚培養をしていました。
何を言ってるのかわからねぇと思うが俺にも何が(このネタが通じる方は私とお友達になりましょう)
さて、今回はせっかく胚培養をしているのだから体外受精卵について少しお話できたらなぁと思います。
何をしているのかぼんやりとでも伝われば幸いです。



c0126281_929362.jpg

上記写真は当社にて体外培養している受精卵の7日目の様子です。いい写真でしょう。


ここをご覧になる方はもうすでにご存知の方だらけな気もするのですが
体外受精(In vitro fertilization、以下IVF)とは、文字通り体の外で卵子と精子を引き合わせ
授精させることを指します。つまり卓上、詳しく言うなら顕微鏡下で受精卵を作るわけです。
…というような話はネットや紙面といった広大な海の中に情報がごろごろしていますから
ここでは受精卵作成の工程は割愛して、出来た受精卵を今現在当社では実際にどのように
移植準備しているのか、について少しお話しましょう。

その前に、受精卵の構造と成長過程を載せます。
c0126281_1614680.jpg

c0126281_16134462.jpg

(※脱出胚盤胞とは胚が大きく成長し、さながらひよこが殻を破って出てくるように透明帯を破って出てきたものを指します)

上記に載せた胚盤胞、もしくはそのひとつ手前の成長段階から移植が可能な受精卵として扱います。
このように移植可能な段階にまで成長した受精卵は
①そのまま移植
②凍結して保存
の大きく分けて2つの道に進むわけですが、まずはそのまま移植する受精卵についてお話します。

そのまま移植する受精卵は受胎性をより高めるため、こんなことをしています。
c0126281_1055637.jpg


分かりにくいかもしれないので分かりやすいものをもう一枚!
c0126281_1084670.jpg


白の矢印部分の透明帯を切っています(アシストハッチ)。
これは、胚が透明帯を破った状態を人工的に作り出す、いわば卵から生まれるぞー!となっている
ひよこの殻を破るのを手伝うような、そんなことをしています。勿論胚を傷つけては意味がないので
とても慎重な作業になります…
ちなみに、切込みを入れた後、成長した卵はペロンと丸ごと出てくるほかに、このような成長の仕方もします
c0126281_10254230.jpg




次に凍結卵ですが、まずは融解した直後の受精卵の写真を見てください。(ガラス化凍結法で凍結したもの)
c0126281_10154419.jpg

えー!こんな卵で大丈夫なの!?と思われるかもしれませんがお待ちを。
下記の写真が20時間程度培養した上記写真の移植前の姿です
c0126281_10222946.jpg

自力で出てきちゃうくらいとても元気!

このように凍結した受精卵も一つ一つ状態を確認して、移植できるよう準備をしています。
少しでも多くの健康で優良な子牛を生産していくための一助になれればと精進しているのです…
そして農家の皆さんも私たちもハッピー…


以上で移植の準備に関する話は終わりです。
どうでしょう、なんとなくでも伝わりましたでしょうか。
こんな分かりにくい説明じゃちんぷんかんぷんだよ!という方は
こんな為にならない文字の羅列のことはすっきり忘れて温かい飲み物と美味しいご飯を食べて
幸せな時間をすごしましょう。私のおすすめは粕汁です。鱈鍋もいいですよね。でもやっぱりからあげが好きです。
余談ですがクッ○パッドで【紫芋】【アルカリイオン水】で検索すると楽しいレシピが出てくるので
疲れたときにでもお試しください。

それでは、この辺で!
ご拝読ありがとうございました。
[PR]
# by vetkohi | 2016-01-30 11:26

重機の車窓から

この春、大特免許を取得し、晴れてタイヤショベル等の重機で公道を走れるようになった私。
哺育牛舎ではフン出しでボブキャットやショベルを使うんです!
このフン出しが結構大変で・・・
c0126281_0253239.jpg


c0126281_0294850.jpg


c0126281_0305365.jpg

両サイドこれくらいの隙間しかない通路をボブキャットでバックで入ります。緊張・・・汗

ボブキャットでフンを押し出したら、次はタイヤショベルの出番!
c0126281_0364791.jpg

フンやらおがくずやらをすくって堆肥場へGO!

c0126281_040315.jpg

とりゃー!!

c0126281_043347.jpg

ショベルは視点が高いので楽しいですね!

c0126281_0461138.jpg

ショベルも、

c0126281_047548.jpg

ボブキャットも、
もっとうまく乗れるように練習あるのみ!ですね。
[PR]
# by vetkohi | 2015-05-05 00:54 | 牛舎紹介

お散歩♪

今年の春は暖かくて過ごしやすいですね♪
昼休みの牛舎を覗いてみました^^
2号牛舎に行ってみると、一頭の牛さんが私を凝視。。。汗

c0126281_1316079.jpg

怪しいものではございませんデス。
事務の木村でございます。


c0126281_13161714.jpg

あ・あら♡ あなたは人懐っこいわね♡


c0126281_13162975.jpg

よーしよしよし   かわいいっ!


c0126281_13164986.jpg

ぶはっ(笑)
ちょっとぅ~  リラックスしすぎじゃない?


c0126281_13174177.jpg

ここは子牛牛舎。
綺麗に管理してるね!空気も綺麗だし気持ちがいいね!


c0126281_13175727.jpg

(笑) 今、寝てたでしょ!


c0126281_13181260.jpg

帰ろうと振り向いてパチリ!
2頭だけ覗いていましたね^^


c0126281_13183551.jpg

雲一つない


c0126281_13185148.jpg

お昼の


c0126281_1319268.jpg




牛舎散歩 お・し・ま・い♪
[PR]
# by vetkohi | 2015-05-01 13:38

哺育のお仕事

今回は哺育の仕事を紹介しようと思います!

哺育って、ミルクあげて、エサあげるだけ・・・なんて思ったら大間違い!!
便の状態を確認したり、検温、フン出し、残飼チェックetc・・・といろいろあるのです。

そして、産まれたてのベイビーを迎え入れる準備もしなくてはいけません。
子牛を汚い所に入れるわけにはいきません!哺育牛舎を卒業した牛達が入っていた場所を洗うのです!!
そのときに活躍するのが、こちら!!
c0126281_274939.jpg

ケルヒャー君です!!(あっ、高圧洗浄機です・・・)
こいつで汚れをふき飛ばします!
c0126281_2185038.jpg

濡れないように帽子をかぶり、いざ!出陣!!

ビシャーーーーーーーー!
ビシャーーーーーーーー!!
ビシャーーーーーーーー!!!    

そして・・・
なんということでしょう~。

びふぉー
c0126281_234895.jpg

あふたぁー
c0126281_237371.jpg

見違えるような美しさ。う~ん。ビューティフォー。

正直言うと、面倒くさいし、時間かかるし、冬は寒いし、ほんとはやりたくないのですが、子牛のため!
清潔な飼養環境は哺育の基本!

でもこの後、ペンキ塗らないといけないんだよなぁ。
もうひと踏ん張り!がんばろう!!
[PR]
# by vetkohi | 2015-02-22 02:54

トラ

哺育牛舎をねぐらにしている癒し系アイドルのトラ。
「冬は寒くて困るニャ~」

c0126281_14414114.jpg

子牛のためにカットした草の中でぬくぬく・・・

c0126281_14503920.jpg

陽のあたる窓辺のダンボールの上でぬくぬく・・・腹の肉(皮?)ダラン・・・

c0126281_14541678.jpg

そしてボイラーの上でぬくぬく・・・

寒がりなトラちゃんの1日でした!
[PR]
# by vetkohi | 2015-01-26 14:59

今年初

今年初ブログです!今年もよろしくお願いします!
早いもので、1月もあと1週間。あっという間だ・・・

c0126281_13595396.jpg

今年は未年ですが、私は毎年うし年です(笑)
子牛達が快適に過ごせるように、そしてより良い子牛を生産できるように、今年も頑張ります!!

c0126281_1475892.jpg

おっ、こちらはお昼寝中。は~、かわいいな~と思ったら・・・

c0126281_14122827.jpg

なっ、なんちゅう顔だ!!
まぁ、これも快適に過ごしているということなのでしょうか・・・?
[PR]
# by vetkohi | 2015-01-26 14:17 | 牛舎紹介

今年もありがとうございました。

今年も残すところ2週間をきりましたね。
みなさんはどのような1年をお過ごしになりましたか?

さて、今週火曜日は小比類巻家畜診療サービスの忘年会がありました。
今年もより良い子牛の生産と農家さんのサポートを社員一丸となって行ってきました小比類巻家畜診療サービスですが、社員それぞれ思うことは異なっており、忘年会を通してその思いを語り会いました。
c0126281_23244838.jpg


来年も少しでも多くの元気な子牛の生産と農家さんに喜んでもらえるような仕事を全力で行っていきたいと思っております。
今年もありがとうございました!
[PR]
# by vetkohi | 2014-12-20 23:26

産まれた!!

12月5日の夜、ベイビーが誕生しました!(あっ、牛のですよ)

帰る前にすべての牛舎を見回りして帰るのが私(関下)の仕事。5日も見回りで1号牛舎に行くと、あれっ?後藤先生の往診車がとまっている・・・こ、これは、もしや分娩・・・!

牛舎に入ると、後藤先生が仔牛を引っ張ろうと仔牛の前足にロープを結んでいるところでした。
そして、助産器を使い私と2人で引っ張ることに!

ガチャガチャと助産器のレバーを引き、少しずつ前足が出てきた!と思ったら、母牛が倒れた!
今度は助産器ではなく、自分たちで前足を引っ張り仔牛を出す!せーの!せーの!

そして・・・産まれた!!
c0126281_14204035.jpg

37㎏の女の子でした!お母さんにペロペロ舐められ、元気そうです。
それにしても、牛っていうか、動物ってすごいですね。産まれて30分くらいでもう立ち上がりました!
c0126281_14275362.jpg

よろよろ・・・ママのおっぱいはどこでちゅか~?
は~、かわいいなぁ~。カメラのフラッシュで目が白くなっちゃったけど・・・

ところで、母牛が頑張っていたとき、この子の父親である我が社の種雄牛、花美津国君はというと・・・
c0126281_14364027.jpg

のんきにワラを食べていましたとさ・・・
[PR]
# by vetkohi | 2014-12-09 14:47 | 牛舎紹介