人気ブログランキング |

新人家畜人工授精師、ただ今奮闘中!

小比類巻家畜診療サービスには、今年の春、4名の若者が入社しました。

そのうち家畜人工授精師の資格を持つ2名の乙女たち。入社当初はもちろん実績がなかったため、免許を持っているだけのペーパー授精師でした。

が、あれから9ヶ月、すっかりたくましく成長しましたよー。

新人家畜人工授精師、ただ今奮闘中!_c0126281_10480277.jpg

畜産農家に休みはありません。雨の日も風の日も、弊社がいつもお世話になっているメガファームへおじゃまし、先輩授精師の指導をあおぎながら日々研鑽を積んできました。

広大な敷地をてくてく移動しながら、1日平均10頭、多いときには20頭もの授精を行うとのこと。牛に対する大いなる愛情と相当な体力がなければ務まらないハードなお仕事です。

今では受胎率も上々、授精師としての技術もめきめき上達しているそうですよ。たのもしーい。

「リアクション芸人にとって、鼻水はダイヤモンド」と名言を残したのは出川哲朗ですが、「家畜人工授精師にとって、いい粘液はダイヤモンド」と先輩授精師は言います。粘液のこと、事務員のワタシにはよーわかりませんが、授精師という仕事が「ツッコミ担当」であることだけはわかります(笑)

今日もまた「いい粘液」を求めて、牛さんのオ〇リに嬉々としてツッコミを入れ続ける(「直検」というらしいです)彼女たち。

「いい粘液がダイヤモンド」ならば、彼女たちはさながら「小比類巻のダイヤモンドの原石」。その腕に少しずつ磨きをかけ、一人前の家畜人工授精師になれるようあたたかく見守っていきたいと思います。

by vetkohi | 2019-12-26 14:27 | 家畜人工授精師

小比類巻家畜診療サービスの日常をスタッフが交替でゆるーく発信。当社は青森県上北郡東北町で和牛の受精卵移植や家畜診療、繁殖牧場などを行っています。


by vetkohi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31