たまたま見つけた・・・

c0126281_13371331.png
とある肌寒い日の昼下がり、育成牛舎で何かにいそしんでいるゴトー先生を発見。ゴトー先生はこの道40年の大ベテラン。小比類巻家畜診療サービスのご意見番として日夜大活躍の先生です。

さて、そのゴトー先生が緑色のオペ着に身を包み、何かゴニョゴニョやってます。

お、お、お。これはきっと何かフォトジェニックなシーンがおがめるに違いない!

期待度Maxで近づいてみると・・・

c0126281_13371450.png
え?終わった・・・?

くるりと背を向け現場を立ち去ってしまったゴトー先生。こちらに目線を合わせようともしてくれません。目深にかぶった帽子とたくましい背中がまるで高倉健さんみたい。

んもー、ツトムったら照れ屋さんなんだからっ(笑)。

c0126281_13371429.png
処置をほどこされた子牛ちゃんも、何が起こったのかわからず、きょとーん。

c0126281_13371444.jpg
そして現場に残った遺留品がコレ。処置現場でたまたま発見。

「焼いて食べていーよ」

と、背後から牛舎スタッフさんに告げられたそれは、まさしく牛の〇マ〇マ!

さっき先生がやっていたのは、牛の去勢だったんですねぇ。
やわらかくて美味しいお肉となるように、肉牛のオスは去勢するのが一般的なのだそう。

にしても牛の睾丸。「ホントに食べられるんかなー?」とググったらクックパッドに「牛の煮玉」なるレシピがありました。「煮玉子」ならぬ「煮玉」(笑)。

次回去勢の際は〇マ〇マをしっかりキャッチして、煮玉の食レポをお届けしたいと思います!







[PR]
by vetkohi | 2018-04-27 16:41 | 獣医師の診療風景

家畜獣医師や牧場の日常を初心者目線でゆるーく発信。(有)小比類巻家畜診療サービスは、青森県上北郡東北町で和牛の受精卵移植や家畜診療、繁殖牧場などを行っています。


by vetkohi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30